お湯を沸かさなくてOK!赤ちゃんのミルク作りはウォーターサーバーで簡単に作ろう

購入した育児グッズ

我が家では妊娠後期の頃に赤ちゃんのミルク作りに便利だと知り、ウォーターサーバーを契約しました。

我が家は完ミなのですが、ウォーターサーバーがあれば、すぐにミルクを作ることができるので、おすすめです。

ウォーターサーバーはフレシャスを使っています。

生後10ヵ月まで使ってみたレビューをご紹介します。

スポンサーリンク

ウォーターサーバーの水は赤ちゃんも飲める!

妊娠後期に買い物していたときに、たまたまフレシャスのウォーターサーバーのキャンペーンをやっていて、話を聞いてみました。

最初は契約するつもりはなかったんですが、フレシャスの店員さんの話を聞くと、

ウォーターサーバーの水は赤ちゃんにも使える水で、ミルクを作るときに便利だと言われました。

ウォーターサーバーだと、お湯も水もすぐに出るため、ミルクをすぐに作れるとのことです。

我が家は0歳で保育園に預ける予定で、出産予定日は11月でした。

4月職場復帰予定なので、生後4ヵ月のときに復帰することになります。

このため、

  • 今後、完ミ育児をする予定
  • ミルク作りに時間をかけたくなく、時短できる方法を探していた

というのもあって、いちいちお湯を沸かすくらいならウォーターサーバーがあってもいいんじゃないかと契約を悩みはじめました。

簡単にミルクを作る方法は?

簡単にミルクを作る方法について、いろいろ調べてみて、以下の方法があることがわかりました。

  • 保温用ポットや調乳ポットを使う
  • ウォーターサーバーを使う

保温用ポットや調乳ポットを使う場合について、考えてみました、

保温用ポットを使う場合

保温用ポットはサーモスのものなどがありますね。

こちらを使う場合は以下の点がデメリットかなと思います。

  • 温度が下がったことに気付かず、ミルクを作ってしまう可能性がある
  • お湯を1日2,3回は沸かす必要がある

調乳ポットを使う場合

調乳ポットはコンビのものがありますね。

こちらは70℃以上にキープしてくれるため、ミルク作りに最適な温度を保ってくれます。

保温用ポットのデメリットを打ち消してくれるので、こちらもよさそうです。

しかし、保温用または調乳用ポットでお湯はすぐに出せますが、調乳に使う湯冷まし、または赤ちゃんに使える水を用意する必要がありますよね。

哺乳瓶を洗ったりする手間もありますので、なるべく、作業を楽にしたいと思い、

お湯も沸かさなくてよくて、水も赤ちゃんが飲むことができて、どちらもすぐに用意ができる、

ウォーターサーバーを契約することにしました。

フレシャスで契約することに。他社と比較してわかったメリットについて

ウォーターサーバーを契約することは決めたけど、どこがいいのか、いろいろ調べて見ました。

他の会社と比較したりしてみて、フレシャスにしかない点としては、

  • 水はビニールのパックに入っているため、水がなくなったら、空のビニールパックをそのまま捨てることが可能
  • ビニールのパックは7.2Lで、女性でも簡単に交換が可能
  • デザインがおしゃれなものが多い
  • リラックマのウォーターサーバーがある(ワンピースやミッフィーなど他のキャラクターもあります)

これらが他の会社との違いかなと思います。

4つ目は、私がリラックマ好きなだけですが、

フレシャスはデザインが他社よりも断然いいです!

リラックマのウォーターサーバーは人気のようで入荷するまで待たなければいけなかったので、その間にいろいろ検討しましたが、結局我が家はフレシャスでリラックマのウォーターサーバーを契約することにしました。

我が家に届いたリラックマのウォーターサーバー

我が家で契約したリラックマのウォーターサーバーはこちらです。とてもかわいいです!!

リラックマのウォーターサーバーは2種類選べるんですが、我が家はこちらの柄にしました。

こちらの機種はフレシャスのサイフォンという機種になります。

ウォーターサーバーって、水のボトルが上についてるイメージですが、上にふたがついていて、その中にビニールパックに入っている水を入れるようになっています。

かわいいだけじゃなく、見た目もとてもいいですね。

我が家は壁が白いのですが、部屋にも馴染んだデザインでよかったです。

赤ちゃんのミルクの作り方

ミルクの作り方はいたって簡単です。

まず、ミルクを入れた哺乳瓶にウォーターサーバーのお湯を半分から3分の2程度入れて、混ぜます。

ミルクが溶けたら、ウォーターサーバーの水を残りの目安の量まで入れて、混ぜて終わりです。

慣れれば1~2分でミルクを作れます!

例えば、ミルク100ml作るときは、お湯を50~60ml入れて混ぜてミルクを溶かして、その後水を40~50ml入れて混ぜて完成です。

これで赤ちゃんに飲みやすい温度になります。

この方法で、新生児の2時間おきのミルク作りも楽にできました。

ウォーターサーバーをミルク作りに使ってみてわかったこと

子供がお湯を出せない仕組みになっていて安心

お湯と水はボタンを押しながら、レバーを押すと出る仕組みのため、子供がいじっても簡単には出ないです。

また、お湯の方にはさらにチャイルドロックとして取り付けることができる部品も届くので、お湯が出せそうになってヒヤリとしたときは、チャイルドロックを取り付ければより安全に扱うことができます。

我が家の生後10ヵ月の赤ちゃんもよくウォーターサーバーでつかまり立ちをして、レバーをガチャガチャしてますが、お湯も水も出せたことはないです。

夜中もミルクが必要な時期はエコモードを切っておくのがおすすめ

フレシャスにはエコモードというボタンが裏についています。

これは消費電力を押さえるため、部屋の明るさに応じて自動で節電してくれるものです。

我が家も届いた初日にエコモードをオンにして、使っていたのですが、ここで問題が!

夜ミルクを作ったときに、お湯が生ぬるい!!

こちらも寝ぼけながら作ったため、お湯がぬるいことに気づかず、そのまま作ってしまい、冷たいミルクにびっくりしました。

サイフォンという機種のお湯の温度は通常は80~90℃とミルクを溶かすのにいい温度なのですが、エコモードをオンにするとそれより温度が下がります。

このため、エコモードのままお湯を出したり、部屋を明るくして、エコモードからお湯が温まりはじめたばかりの時にお湯を出すと、お湯が生ぬるいのです。

部屋を明るくして、エコモードの状態からお湯が温まるのには10分以上はかかるようで、そんなに待てないですね。

我が家はすぐにエコモードをオフにしました。

これで、夜中赤ちゃんが泣いたときでも、いつでもお湯が温かい状態で使えます。

夜中にミルクを作るときがなくなれば、エコモードはオンにしておいた方が電気代の節約になるのでオンにしておきましょう。

我が家も生後10ヵ月の赤ちゃんは、ミルクもあまり飲まないため、エコモードはオンにしています。

夜中にミルクが必要なのも半年くらいと割り切って、特に生後半年未満の場合はエコモードはオフにするのがおすすめです。

ママパパプランという期間限定のキャンペーンも実施中

フレシャスには他にもおしゃれなデザインのウォーターサーバーがあり、色もいろいろ選べます。

特にフレシャスはデザイン性がよく、部屋にも馴染み、使いやすくていいなーと思います。

今は子育て中のママパパプランというキャンペーンもやっているみたいですね。

私が契約したときはなかったのですが、こちらは妊婦さんも対象です。

妊娠後期にこちらのキャンペーンを使って契約するのがおすすめですね。



以上が、ウォーターサーバーのレビューでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました