【感想】ベビーサークルは日本育児のキッズランドがおすすめ!

購入した育児グッズ

生後6ヵ月あたりから赤ちゃんがズリバイで移動するようになると、ますます目が離せなくなり大変ですよね。

  • 寝てる時も家事をしたいときも赤ちゃんから目が離せない!
  • 共働きでママ一人で家事をすることが多いときはどうしてる?
  • ベビーゲートとどっちがいい?
  • ベビーサークルはどれがおすすめ?

など、我が家でも悩み、口コミを参考にしながら、ベビーサークルを購入しました。

購入したのは、日本育児のキッズランドです。

実際使ってみると、家事をしてても常に赤ちゃんが確認できるため非常に便利でしたし、キッズランドのおもちゃパネルで赤ちゃんがよく遊んでくれています!

キッズランドを実際に使ってみた感想をご紹介します。

スポンサーリンク

ベビーサークルかベビーゲートか悩む

生後5ヵ月頃からズリバイをし始め、これからハイハイしたら一人では大変なんじゃないかと思い始めました。

我が家は共働きで、平日はパパの帰りが遅いため、夜はママが一人で保育園のお迎えにいき、寝かしつけまでやります。

ずっと赤ちゃんを見てられればいいのですが、離乳食を作ったり、食べ終わった食器を洗う時など、赤ちゃんに一人で遊んでもらいたいなと思い、ベビーゲートかベビーサークルの購入を悩んでいました。

我が家のリビングはそんなに広くなく、物もあまりないため、ベビーゲートでキッチンに入らないようにするのもいいかなと思っていたんですが、テレビ台につかまり立ちしてテレビを倒したりしないかなど、やはり全てが安全と言うわけではないと思いました。

それに、ベビーゲートだと部屋内での動きは制限できないのもベビーサークルがいいかなとも思いました。

なるべく物は置かない、部屋や廊下の扉は閉めるなど工夫していましたが、共働きでママ一人で家事をすることが多いので大変ということで、ベビーサークルを購入を決めました。

実際に見てみたいのでアカチャンホンポへ

ベビーサークルはアカチャンホンポで購入しました。

ベビーサークルはどのくらいの大きさなんだろうというのがわからなかったので、実物を見に行きました。

あまり狭かったら閉じ込めているみたいでかわいそうかなとも思っていたんですが、アカチャンホンポに行くと、そんなに狭く感じないし、子供たちがベビーサークルで楽しそうに遊んでいたので、やはり購入してみようとなりました。

ベビーサークルの購入は決まったんですが、ソフトメッシュの洗えるタイプのものか、日本育児のキッズランドで悩んでいました。

アカチャンホンポにはどちらも展示してあったんですが、日本育児のキッズランドの方が、パネルを嵌めるだけなので、分解組立も簡単そうだと思いました。

また、おもちゃがついたパネルもあって、アカチャンホンポで子供たちが遊んでいて、サークルとしての役割だけではなく、おもちゃとしても使えると思ったため、日本育児のキッズランドを購入しようと決まりました。

日本育児のキッズランドを購入

アカチャンホンポで購入したベビーサークルはこちらです。色はショコラにしました。

ミュージカルキッズランドDX ショコラ トイパネルセット

本当はベビーサークルは重いので、ネットで購入しようと思っていたんですが、アカチャンホンポでたまたまセールをしていて、ショコラのタイプであれば、拡張クリアパネル付きでお安くなっていたのと、カラーボール100個プレゼントをやっていたので、その場で買ってしまいました。

拡張クリアパネルはこちらです。

拡張用の2枚のパネルで、一つはクリアパネルです。

ミュージカルキッズランド デラックス 拡張クリアパネル

やはり6枚のパネルでは狭いかなというのと、セットで買えば安かったので購入しました。

我が家では、8枚のパネルを繋げて使用しています。

赤ちゃん+大人一人が入って、一緒に遊べる広さになります。

カラーボールはこんな感じのカラフルなボールです。

カラフルボール100個

組立は簡単

家まで持って帰るのが大変でしたが、家に着いたら早速組み立ててみました。

パネルを嵌め込むだけなので、簡単に組み立てることができました。

誰か家に来るときはベビーサークルが邪魔だなという時も簡単に片付けることができます。

クリアパネルは本当はテレビを見るため用らしいですが、我が家ではテレビの目の前にサークルを置いているため、キッチンからも赤ちゃんが見えるように、キッチン側に取り付けてみました。

おもちゃパネルが大活躍!一人で遊んでくれる!

早速赤ちゃんを入れてみると全然嫌がることなく、ズリバイして、おもちゃのパネルを触っていました。

ベビーサークルを嫌がる赤ちゃんもいるみたいなので、心配していましたが、大丈夫でした。

おもちゃのパネルは2枚あり、最初は透明なボールをくるくる回して楽しそうに遊んでいました。あとは、鏡を覗きこんで笑ったり。

他のおもちゃは遊び方がわからなかったみたいなので、こうやるんだよと教えてあげるととても嬉しそうでした。

慣れてくるとおもちゃに夢中になって一人で遊んでくれるようになりました。また、おもちゃが少ない我が家では大活躍しました。

ベビーサークルだけではなく、おもちゃとしても楽しめるため、日本育児のキッズランドを購入して、本当によかったです。

生後9ヵ月の現在はだんだん手先が器用になってきたように思います。遊べる幅が広くなってきました。

クリアパネルは買って大正解!とても気に入ってくれた

おもちゃパネルもよかったんですが、クリアパネルが我が家の赤ちゃんにはヒットしたようです。

透明なのがおもしろいのか、ママやパパがキッチンにいるとクリアパネルごしにずっとキッチンの方を見ていたり、クリアパネルに顔を押し付けて変顔をしていたり。これにはとても笑いました。

また、こっちに来てほしい時は、クリアパネルごしにギャーギャー言ったり、クリアパネルをどんどん叩いたり。我が家の赤ちゃんはクリアパネルを上手に使っています。

ママとパパもキッチンからでも赤ちゃんがよく見えるので安心ですね。

最初は拡張クリアパネルとセットだと、安いし、ベビーサークルも6枚のパネルだと狭そうだから、という理由で、クリアパネルをなんとなく購入したんですが、クリアパネルは本当に買ってよかったです。

つかまり立ちを始めてからもベビーサークルが大活躍中

生後9ヵ月のつかまり立ちを始めた今、ベビーサークルはなくてはならないものになっています。

ベビーサークルでつかまり立ちもできるため、つかまり立ちをしたり、つかまり立ちをしながらおもちゃパネルで遊んだりしています。

つかまり立ちをすると、ズリバイの時は届かなかったおもちゃにも手が届くようになり、ますます夢中になって遊んでいます。

また、カラーボールはお得にゲットできたので、たまにベビーサークルにボールを入れてあげています。

様々な色のボールを手に取ったり、ボールを舐めたりして遊んでいます。

生後11ヵ月くらいで歩けるようになると、あまり使わなくなりましたが、おもちゃパネルではよく遊んでいます。

日本育児のキッズランドは長く使えそうですね!

まとめ

日本育児のキッズランドを購入してみてわかったことをまとめます。

  • 赤ちゃんが嫌がることなく、大人しく入っていてくれる
  • 6枚でも十分だが、拡張パネル2枚を使用し、8枚にすればより広くなり、赤ちゃん+大人一人が入って一緒に遊べる広さになる
  • 分解組立も簡単!だれか家に来るときは片付けることも簡単にできる
  • おもちゃパネルが2枚あり、ずっと遊んでくれる。月齢に応じて遊べるおもちゃの範囲が広がっていき、赤ちゃんの成長を感じることができる
  • クリアパネルでママとパパの様子を伺ったり、顔を押し付けて遊んだり、楽しそう!
  • ベビーサークルでつかまり立ちもできる
  • カラーボールを入れてボールプールにしても遊べる

以上が、ベビーサークルのレビューになります。

1歳になってもまだおもちゃパネルで遊んでいますので、まだまだ使えそうです。

ご参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました