生後1、2ヵ月~ パパの育休終了により育児がより大変に

育児メモ

生後1,2ヵ月の育児メモです。

スポンサーリンク

まだまだ慣れない育児に悪戦苦闘

まだまだ育児に慣れたとは言えないこの頃ですが、赤ちゃんがいる生活リズムが少しずつ分かってきたように感じます。とりあえず、混合だったため、2,3時間おきに授乳とミルクをあげて、抱っこして寝かしつけるという生活には慣れてきたかなと思うようにはなりましたが、毎日の生活でいっぱいいっぱいでした。

ミルクの量も徐々に増やしつつ、まだ夜もまとまって寝ないのでパパと二人で交代で育児に奔走しました。ミルクの量が増えると、だんだん寝ている時間が長くなってきたように感じました。

また、夜になかなか寝付かないことが続くため、慢性的に寝不足になっていました。

特に、祖父母などの知らない人が来たりすると、興奮して寝付きが悪いことがありました。

1ヵ月検診で久しぶりの外出

我が家の赤ちゃんの場合は出生時の体重が小さかったために1ヵ月検診の前に2週間検診も受けたのですが、初めての外出だったため、その日の夜は赤ちゃんは興奮してすごく泣いてしまいました。

1ヵ月検診はどうなることやらと思っていましたが、あまりひどく泣いたりはしなかったので、少しほっとしました。

病院では検診を受ける人しかいなかったんですが、声をかけていただき、久しぶりにパパ以外と話ができたのがすごく気晴らしになりました。

股関節の痛みはまだまだ続いていた

股関節の痛みに関しては相変わらず継続中でした。

生後1ヵ月くらいまではロキソニンを毎日飲んでいました。2ヵ月ちょっとくらいからロキソニンは飲まなくなりましたが、それでも股関節の痛みは継続していました。

整形外科や整体に行こうかと悩みましたが、6ヵ月程度は痛みが続くケースもあるようで、何とか歩くことはできたので我慢していました。

赤ちゃんは私が抱っこをすると泣き出し、パパが抱っこすると落ち着くということが多かったので寝かしつけはパパが担当となっていました。

もう少しでパパの育休が終わるので、少し焦りを感じながら、パパに抱っこの仕方を教わっていました。

男の人の手よりも小さいので安定感がないのか私が抱っこしても泣き出してしまい、私よりパパがいいのかなと暗い気持ちにもなったりしました。

生後1ヵ月の終わりにパパの育休終了

抱っこの仕方があまり上手くなっていないまま、パパの育休が終わってしまいました。

赤ちゃんのお風呂もパパが担当していましたが、今後は平日はお風呂も一人でやらなければならないようになりました。股関節の痛みにより、少しお風呂に入れるのは大変でしたが、なんとかこなせるようになりました。

この時期はパパを朝送り出して、夜帰ってくるまで一人で赤ちゃんといるのが本当に辛かったです。抱っこで腕もつらかったですが、人と話したり相談することも出来なかったので気持ち的にも暗くなっていました。話し相手がいて、息抜きしたかったように思います。

産後うつなんじゃないかとか考えていました。自覚しているだけましなのかなとは思っていましたが。

ベビーカーを購入

私が落ち込んでいるとパパがベビーカーを買おうと提案してくれました!

小さいうちは不要かなというのと、購入する機種が決まっていないので抱っこ紐しか買ってなかったませんでした。

ところが産後1ヶ月たっても股関節も痛いし、体が硬くなっていて抱っこひもの背中の留め具もなかなか止めることができない状況でした。そのため、気分転換に午後にベビーカーで散歩してはと提案してくれました。

正直生後7ヵ月からのB型ベビーカーの方が安いため、A型は買わずに乗り切ろうと思っていたんですが、A型ベビーカー買ってしまいました(^^♪

私が購入したベビーカーはランフィリノンです!アカチャンホンポで買いました!

今はランフィリノン2が出ているみたいですね。こんな感じのグレーを購入しました。
ピジョン ランフィ リノン2 グレー

まだ赤ちゃんを電車に乗せるのは怖かったのでアカチャンホンポまではタクシーで行きました。アカチャンホンポでは、実際に赤ちゃんを試乗させてもらえます。ベビーカーが嫌いな赤ちゃんもいるみたいで、気に入るか不安だったので、実際に赤ちゃんをベビーカーに乗せて選べたのでよかったです。

ベビーカーでのお散歩が日課になった

ベビーカー購入後はいつも午後3時から近くの公園に散歩に行くようにしました。この散歩の時間は毎日の楽しみで、赤ちゃんも散歩の時間はよく寝てくれたのでいい気分転換になりました。パパに感謝ですね。

A型のベビーカーはしっかりとしていて、揺れが心地良いみたいで赤ちゃんはベビーカーに乗るとよく寝ていたので結果としてA型のベビーカーを購入したのは正解でした。

それでは、ここまでを育児メモとしてまとめておきます。

生後1,2ヵ月の育児メモ

  • 一人での育児に悪戦苦闘。安定する抱っこの仕方をひたすらパパに教わる。
  • ベビーカーを購入し、毎日散歩にでることでいい気分転換になった。抱っこひもは体が硬くなっていて背中の留め具ができずに断念。生後3ヵ月くらいから体が硬いのは治ったので抱っこひもも使って散歩するようになりました。
  • 一人での育児に不安だったため、プーさんの6wayメリーを購入しました。結構人気の商品みたいで、レビューを見ながら通販で購入しました。音楽が流れて、プーさんが回るんですが、回る方にはまだ興味がないようなので音楽を流していました。きれいなオルゴールなどの音楽が赤ちゃんにはいいみたいですね!頻繁に流して聞かせるようにしていました。
  • 抱っこのしすぎで腕が痛かったのでバウンサー購入しました。バウンサーに置いたら必ず寝るというような効果はなかったですが、少しバウンサーでゆらゆらさせる時間を設けることができえ、腕の筋肉を休めることができました。

こんな感じで生後2ヵ月までは赤ちゃんグッズが少し増えましたが、まだまだ寝る時間もなく、育児にも慣れず大変でした。また、パパが育休終わってしまったのがすごく寂しかったです。

わからないことだらけでを二人で相談してなんとかできていたんですが。一人でやるのは大変だな、育児は人手がいるんだなと感じました。

タイトルとURLをコピーしました