ワンタッチテントは公園やアウトドアに便利!おすすめを紹介!

購入した育児グッズ

暖かくなってきたら公園でたくさん遊ばせたいですね。

我が家は、公園で遊ぶためにワンタッチテントを購入しました。

今回は、ワンタッチテントのおすすめについてご紹介します。

スポンサーリンク

ワンタッチテントとは

ワンタッチテントとは、初心者でもワンタッチで簡単に組み立てることができるテントのことです。

袋から出せば簡単にテントが完成します。

最近は公園に行くと見かけることも多いかと思います。

我が家も公園で使っている人を見て、欲しくなり、ワンタッチで組み立てることができるテントの存在を知り、購入に至りました。

海やプール、運動会などで使用されている方も多いようです。

簡単に組み立てることができるので、これから暖かくなる季節には、レジャーの際の日除けとして大活躍しそうですね。

ワンタッチテントの広げ方

購入したワンタッチテントを広げてみましたが、袋から出して10秒くらいで完成しました。

家の中でも簡単に広げることができます。

テントと一緒に杭が付属で入っています。

外で風が強い日は付属の杭を打つといいでしょう。

畳み方は少し難しい

畳み方は広げるときよりは難しかったですが、YouTubeに動画があるので、それを参考にすれば簡単にできます。

コツがいりますが、女性でも畳めました。

おすすめのワンタッチテント

我が家で購入するために、いろいろ調べてわかったおすすめのテントについて紹介します。

まず、おすすめのメーカーは山善です。

公園でも山善のテントばかり見かけます。

今回は、我が家も購入を検討した、山善のテントのおすすめを紹介します。

山善のワンタッチテントのおすすめ

クールトップワンタッチテントECC200UV

クールトップワンタッチテント(フルクローズ) ECC-200UV 日よけテント ポップアップテント ワンタッチサンシェード ビーチパラソル山善 YAMAZEN キャンパーズコレクション【送料無料】【あす楽】 0221P

created by Rinker

サイズと重さは下記の通りです。

幅200×奥行150×高さ130cm
重量2kg

こちらは今回ご紹介する3つのテントの中では、一番価格が安いです。

3つのテントの中の違いとしては、こちらのテントは、山善のテントの中では従来形状となっており、古い形となっています。

山善のテントの最新の商品は、新形状を採用していて、従来形状は三角形のいわゆる普通のテントですが、新形状のテントは、頭のところが台形のようになっていて、居住空間が従来より30%アップしています。

つまり、新形状のテントは従来のテントよりも広くなっているんです。

テントのサイズは従来と同じですが、居住空間が広くなっているのが新形状です。

従来形状のままでいいよーという方は、こちらのテントが価格も安いためおすすめです。

キャンパーズコレクション ワンタッチキャビンシェード フルクローズ(3人用) CCS-6SUV

キャンパーズコレクション ワンタッチキャビンシェード フルクローズ(3人用) CCS-6SUV 日よけテント ポップアップテント ワンタッチサンシェード ワンタッチテント キャンプ用品 【送料無料】 山善/YAMAZEN/ヤマゼン

created by Rinker

サイズと重さは先ほどと全く同じです。

幅200×奥行150×高さ130cm
重量2kg

そして、こちらは先ほどご説明した、新形状を採用しているテントです。

先ほどの従来形状のテントよりは価格が高くなりますが、居住空間が広い方がいいなーという方におすすめのテントです。

キャンパーズコレクション ワンタッチキャビンシェード フルクローズ プラス(3人用)(クッション2枚付き)CSE-6UPF

キャンパーズコレクション ワンタッチキャビンシェード フルクローズ プラス(3人用) CSE-6UPF 日よけテント ポップアップテント ワンタッチテント キャンプ用品 【送料無料】 山善/YAMAZEN/ヤマゼン

created by Rinker

サイズは同じですが、重さが異なります。

幅200×奥行150×高さ130cm
重量2.5kg

こちらも新形状のテントで、テント自体は2つ目のテントと同じですが、テントを入れるバッグが2つに分割でき、クッションになります。

このクッションの重さにより、重量が少し増えていますが、女性でも楽に運べる重さです。

ワンタッチテントの床の部分は薄いため、厚手のシートを敷いた方がいいんですが、こちらはクッション付きのため、厚手のシートは不要です。

使用してみましたが、芝生の上など床に座ってお尻が痛くならない場所では、厚手のシートは不要かなという感じですが、芝生が剥げている地面の上などで使う場合は、厚手のシートを敷いた方がいいかなと思います。

こちらは3つのテントの中で一番価格が高めですが、クッション付きで、厚手のシートを購入しなくていいことを考慮するとおすすめです。

また、厚手のシートを持参する手間やシートを忘れたときなどを考慮すればクッション付きの方がいいかなと思います。

ちなみに我が家はこちらのテントを購入しました。

こちらは公園で使用したときの写真です。

この日は風が強かったので、付属の4つの杭を4ヶ所に刺しています。

テントの中は、コストコで購入したレジャーシートを敷きました。

この日は芝生の上で使用したので、レジャーシートなしでも、大丈夫でしたが、娘が大人しくクッションの上に座ってくれないかなと思い、レジャーシートを持参してみました。

ちなみに我が家が購入した、コストコのレジャーシートはこちらです。

即納★【COSTCO】コストコ通販【PARASOL】レジャーマット(152cm×203cm)全4色

created by Rinker

こちらのレジャーシートはテントにぴったりのサイズでしたので、おすすめです。

まとめ

ワンタッチテントのおすすめは山善です。

今回は、山善の3つのテントについて紹介しましたが、クッション付きで居住空間が広々使える新形状のテントである、

キャンパーズコレクション ワンタッチキャビンシェード フルクローズ プラス(3人用)(クッション2枚付き)CSE-6UPF

が一番おすすめです。

これから暖かくなったら、公園でワンタッチテントを広げて娘と遊びたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました