妊娠糖尿病で入院!?実際に入院を経験して

育児

1歳になる娘がまだお腹にいる頃、私は妊娠糖尿病による入院を経験しました。

2度の検査を実施して血糖値が基準値以上だったために入院することになったのです。

突然の入院は不安になりますよね。

妊娠糖尿病による入院を経験して、

  • 入院生活はどうだったか
  • 退院後から出産まではどのように生活したか
  • 出産した後の糖負荷検査はどうだったか
  • 次に妊娠希望する時はどうすべきか

について、私の体験を含めて記事にしたいと思います。

スポンサーリンク

妊娠糖尿病とは?


妊娠をきっかけに血糖値が高くなる病気です。

出産後は血糖値が元に戻る場合がほとんどですが、その後も糖尿病と診断されることもあります。 また、次に妊娠する時にも注意する必要があったり、今後将来的に糖尿病になるリスクも高くなります。

最近は今までより、検査のしきい値が低くなったため、2割くらいの人が妊娠糖尿病と診断されるようです。結構多いですね。

入院生活はどうだったか

検査で妊娠糖尿病と診断され、すぐに入院することになりました。

入院は1泊の予定で、食事療法による入院です。食事をする前と後で血糖値を計測し、普段の食事による血糖値の高さを計測します。

検査の結果が悪ければもう1泊する必要があります。

不安な気持ちのまま入院しましたが、病室の他の人は切迫早産で入院している人が多く、私は3食食べて血をとるだけなんだから頑張らなきゃと自分を励ましながら入院しました。

実際に入院生活は楽だったため、本を読んだり、携帯でゲームしたりして過ごしました。

そして、次の日いよいよ検査結果がでました。血糖値はやはり少し高かったけど自宅に帰宅していいとのことで、安心しました。

退院後から出産まではどのように生活したか

入院している間に栄養士さんと栄養相談を行い、1日に必要な食事や栄養の勉強を行いました。このとき教えてもらったことを常に考えて、毎日生活するようになりました。

私は特に血糖値が上がりやすい順番で食べないことに気を付けました。

ご飯を食べるときは、サラダなど野菜を先に食べてからごはんを食べるなど、順番に気を付けたり、甘いものは食べないようにしました。

出産した後の検査はどうだったか

その後は特に問題もなく出産を迎え、出産して2ヶ月後に再び糖負荷検査を行うことになりました。

私の母に赤ちゃんを預けて、負荷検査を受けにいきました。その日は他にも二人が同じような検査を受けていて、妊娠糖尿病と診断される人の多さを実感しました。

検査結果では血糖値が下がっていて問題ないと言われました。

ほっとしたと同時に食生活に無頓着だったことを反省し、これからは気を付けなきゃと思いました。

次に妊娠希望する時はどうすべきか

検査結果を聞いた時に、医師から、今後糖尿病になるリスクがあるということ、次に妊娠を希望する場合は妊娠する前に病院に相談して欲しいと言われました。

また、今後も定期的に健康診断で血糖値を測定して、問題ないかを確認していく必要がありますし、食生活に気を付けたいですね。

まとめ

私は1泊の食事療法の入院だけで済みましたが、初めての入院だったため不安が大きかったです。

妊娠中は何が起こるかわからないと実感しましたし、今後も糖尿病に気をつけて生活したいと思いました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました