ニューブロックとレゴデュプロの購入を検討!どっちがおすすめ?

育児

レゴは有名ですが、ニューブロックというものはご存知でしょうか?

我が家はそろそろレゴデュプロを購入しようか検討していて、ニューブロックというものを知りました。

  • ニューブロックって何?
  • レゴとの違い
  • どっちがいいの?

について、ご紹介します。

スポンサーリンク

ニューブロックとは?

学研が出しているプラスチック製のブロックです。

ブロックの大きさが大きく、やわらかいため、小さい子供でも扱いやすいです。

角も丸くなっていて安全にできています。

レゴのように平面に組み立てるものではなく、立体的に組み立てることができるため、家などの大きな構造物を作るのに適しています。

頭と手を使って遊べるブロックですね。

はじめてのセット2

初めてニューブロックを購入する場合は、はじめてのセット2がおすすめです。

ニューブロック はじめてのセット2 おもちゃ こども 子供 知育 勉強 2歳

created by Rinker

セット1には動物パーツが多めに入っていて、セット2にはタイヤパーツが多く入っています。

セット2は動物などのマスコットパースが少なりますが、タイヤなどの部品パーツが多めに入っていて、セット1よりもボリュームが多いので、セット2の方がおすすめです。

トーマスとパーシー

トーマスとパーシーがの2体が入ったセットもおすすめです。

ママ割メンバー更にポイント5倍 ニューブロック トーマスとパーシー 学研 Gakken おもちゃ・遊具・ベビージム・メリー 知育玩具

created by Rinker

トーマスとパーシーの2体が結構大きいのがいいですね。線路や橋を作って遊ぶと楽しそうです。

たっぷりセット

ニューブロックにはまると、ニューブロックをさらに買い足すこともあるようですので、初めからたっぷりセットを購入するのもおすすめですね。

立体を組み立てるのは2~3歳頃から

レゴよりもニューブロックの組立は難しいようで、2歳から3歳頃から組み立てることができるようです。

立体的に組み立てる必要があるので、少し難易度は高いようですね。

ただし、つなげたり、くっつけたりするのは1歳半からでもできるので、1歳頃からでも遊べるようです。

レゴデュプロとは

レゴとはデンマークのおもちゃメーカLEGO社が製造するブロックですが、

レゴデュプロは小さな子供向けのブロックが大きいレゴです。

標準のレゴの2倍の大きさになります。

対象年齢は1歳半から5歳なので、そろそろ1歳2ヵ月の娘に購入したいなと検討しています。

レゴって結構小さいので、子どもが誤飲する危険がありますが、レゴデュプロはブロックが大きいので安心です。

ブロックが大きいため、小さな手でも持ちやすく、ブロックの角が丸くなっているのもいいですね。

安全第一に考えられているレゴがレゴデュプロなんです。

子どもの初めてのレゴにおすすめです!

みどりのコンテナスーパーデラックス

レゴデュプロのおすすめはみどりのコンテナスーパーデラックスのおおきなこうえんです。

【期間限定】レゴ デュプロ みどりのコンテナスーパーデラックス ”おおきなこうえん” 10864送料無料 おもちゃ 玩具 ブロック 男の子向け 女の子向け 立体パズル LEGO DUPLO ギフト プレゼント 遊具 風車 ブランコ 公園 レゴジャパン 【TC】 【楽ギフ_包装】

created by Rinker

ピンクのコンテナデラックス

女の子にはこちらもおすすめです。ピンクでかわいいブロックが多くて喜んでくれそうですね。

レゴ デュプロ ピンクのコンテナデラックス 10571

created by Rinker

組立は2歳頃から

1歳でレゴを与えてもやはり組立まではできないようです。

組立ができるようにはなるのは2歳頃からが多いみたいです。

4歳からは標準レゴへ移行?

レゴは月齢毎にシリーズがあり、レゴクラシックとレゴジュニアは対象年齢が4歳からとなっています。

レゴデュプロ以外のシリーズのレゴは標準サイズとなります。

レゴデュプロのように大きいブロックではないですが、手先が器用になって小さいブロックでも遊べるようになったらこちらへ移行するようです。

レゴデュプロは対象年齢が5歳までと少し短いかなと思いますが、標準のレゴサイズとも互換性があるようなので、小さい月齢でも安心安全なレゴデュプロが初めてのレゴにはおすすめのようです。

レゴデュプロとニューブロックの違い

素材の違い

レゴデュプロはABS樹脂で、ニューブロックはポリエチレンでできています。

素材が違いますね。

レゴはガチャガチャ音が出ますよね?

それに対して、ニューブロックはガチャガチャ音が出ないし、投げてぶつけても傷がつかないし、当たっても痛くないです。

それに、落ちているレゴを踏んづけたらとても痛いですよね?

ニューブロックは踏んでも痛くないです。

素材の違いでこのような違いがあるようです。

対象年齢やシリーズの多さ

ニューブロックは対象年齢がどの商品も大体1歳半または2歳から大人まで遊べるのに対して、レゴは対象年齢が異なるシリーズがいっぱいあります。

レゴデュプロは対象年齢が1歳半から5歳で、4歳からはレゴジュニアとレゴシティ、5歳からは大人まではレゴシティ、レゴフレンズなどたくさんのシリーズがあります。

レゴデュプロは標準のレゴサイズの2倍の大きさですが、他のシリーズは標準のレゴサイズとなります。

レゴデュプロを最初に購入しても、月齢が大きくなった場合に、標準のレゴのシリーズを買い足す可能性があり、何個も買う必要があるかもしれません。

組立の自由度

レゴは基盤となるブロックの上にレゴを組み立てていくように、平面に組み立てていきます。

それに対して、ニューブロックは基盤がなく、立体的に組み立てることができます。

組み立てる自由度が高いため、ニューブロックの方が組立の難易度は高いようです。

レゴが組み立てられるのは2歳頃からなのに対して、ニューブロックは2~3歳頃からとなるようです。

まとめ

我が家ではどちらを購入するか検討している段階ですが、ニューブロックを購入したいと考えています。

レゴデュプロも購入するかもしれませんが、ニューブロックの方が長く遊べるし、立体的に組み立てられるところがいいですね。

購入した際はレビューを書きたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました