【おすすめ絵本】絵本「くだもの」は子供が口をパクパクさせる不思議な絵本

購入した育児グッズ

「くだもの」という絵本を知っていますか?

マツコの知らない世界の読み聞かせ絵本の世界でも取り上げられていました。

この絵本の特徴は絵がとてもきれいでリアル!なところです。

私が初めて見たときは、

  • 絵が大人っぽいけど、0歳でも読むのかな?

と感じましたが、今では娘が大好きな絵本です。

そして、この絵本は0歳からでもおすすめの絵本です。

今回は絵本の特徴についてご紹介します。

スポンサーリンク

絵本「くだもの」

絵本「くだもの」はこちらです。

くだもの (福音館の幼児絵本) [ 平山和子 ]

created by Rinker

表紙のさくらんぼの絵もきれいですね。

本物のくだものに見える絵がすごい!

絵本の特徴は絵がきれいで本物のようにリアルなところです。

美術の教科書にでもあるような絵で、くだものの絵がとてもリアルに描かれています。

絵本のくだものは本物のくだものに見えます。

今までの我が家にある絵本の絵とは大きく異なるので、初めはびっくりしました。

絵が大人っぽいので、大人用の絵本?と思いましたが、娘が0歳のときから読んでいて、ちょうど1歳になる頃には大好きな絵本になりました。

この絵は、4年かけて書いた絵のようで、手の持ち方や見せ方を工夫されているとのことです。

おいしそうなくだものの絵でくだものを覚えることができる

中身としては、いたってシンプルで左側のページにくだものの絵があり、右側のページにくだものを剥いた状態の絵が書いてあって、「さあどうぞ」の一言が添えられています。

この絵本の絵は、とてもリアルで本物のくだものに見えるため、くだものの見た目と名前を覚えることができます。

また、右側のページのくだものを剥いた状態の絵は、子どもが普段目にする、実際に食べる状態の絵になりますので、くだものを食べるときに絵本を一緒に読むと喜びそうですね。

絵本を読むと子どもが口をパクパクして食べようとする!

我が家の絵本の楽しみ方は、右側のページにある「さあどうぞ」のところで、くだものを掴んだようにして、その手を娘の口に持っていってあげます。

そうすると、娘は口をパクパクして、食べようとするんです!そして、喜ぶ娘!

くだものを掴んだ手を娘の口に持っていかなくても、娘は私の手のところに口を持ってきてパクパク!とします。

それがおもしろいみたいですね。

絵が本物のくだものに見えるので、食べようとするみたいですね。

おいしそうなくだものの絵で、くだものを食べているような気分になれて、幸せそうです。

まとめ

一見大人っぽい絵で、0歳でも楽しめるのかな?と思いましたが、くだものを覚えることができるし、おいしそうなくだものの絵を見て、食べようとするのがとてもかわいいです!

0歳にもおすすめの絵本です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました