子供が玄関の鍵をいじるようになった!開けられないようにするには

育児

1歳5ヶ月の娘が、保育園から帰ると、玄関の鍵をガチャガチャいじるようになりました。

まだ鍵を開けることはできませんが、いつか開けることができるんじゃないかとひやひやしています。

  • 鍵は何歳から開けるようになる?
  • 子供が開けないようにするための方法は?
  • 子供に閉め出されたらどうすればいい?

について、ご紹介します。

スポンサーリンク

1歳5ヶ月で鍵に興味を持ってきた

我が家の娘は1歳5ヶ月なんですが、保育園から帰ると、玄関の鍵をガチャガチャして遊ぶようになりました。

我が家の玄関の鍵は、上下に2ヶ所ついていて、下側の鍵は娘でも触れる高さにあります。

私が鍵を閉めたり開けたりするのを普段から見ているんでしょうね。

鍵を開けるようになるのはいつから?

鍵を開けることができるようになるのは、だいたい2歳から3歳くらいのようです。

鍵を開けることができるようになると、少しの間、目を離した隙にベランダや玄関の外に出ていってしまうことがあるようです。

危ないですね!!!

玄関の外は道路もありますし、ベランダは転落する恐れもありますので、注意したいですね。

鍵は子供の手が届かない位置にあっても注意すべき

また、鍵は子供の手の届かない位置にあっても椅子などを運んできて、それによじ登って鍵を開けてしまうようです。

我が家の娘も、娘のご飯用の椅子に登って、テーブルの上にあるお菓子やテレビのリモコンを取ろうとしている様子が最近見られます。

1歳5ヶ月でも、椅子などの物に登って、高いところのものを取るというのが、既にできているので、鍵が開けられるようになると、玄関の外やベランダに出てしまうかもしれないですね。

我が家の身近で子供に閉め出される人も

我が家はマンション住まいなんですが、隣の家の夫婦が出掛ける準備のために玄関の外にいる少しの間に、2歳の子供が玄関の鍵を閉めてしまい、夫婦が閉め出されるということがありました。

幸い、マンションの鍵の一つは管理会社に預けていたため、我が家が電話して管理会社の方に来てもらい、無事鍵を開けることができましたが、この時は夏場で、玄関の外にいる夫婦は暑くて大変そうでした。

また、子供は2歳だし、こんなことするとは思わなかったと言っていました。

本当に子供って何するかわからないですよね。

我が家の身近でもこのようなことが起こっているため、娘も勝手に玄関の外やベランダに出てしまったり、閉め出されることがないよう、注意したいですね。

子供に開けられないように補助錠を付ける

子供が開けられないようにするには、玄関と窓に取り付けることができる、補助錠を付ける方法があります。

やはり追加で子供が開けることができないような補助錠を付けるのがよさそうですね。

最近は傷つけずに取り付けることができるものが多いため、賃貸マンションでも利用することができます。

調べてみた結果、以下におすすめを紹介します。

玄関のドアに付ける補助錠

ノムラテック どあロックガード ダイヤルタイプ ブラック N-2425

玄関に取り付けるのは、こちらがおすすめです。

玄関に傷つけずに取り付けることができますし、4桁の番号を入力するタイプのため、子供は開けられないようになっています。

こちらは玄関のドアの外に付けるため、不在にしていることが外にいる人にわかってしまうことが、デメリットかなとは思います。

しかし、玄関のドアに取り付けるタイプの補助錠は、玄関の外から取り付ける必要があるのでしょうがないですね。

室内ドアに付ける補助錠

ガードロック 室内・錠なし内開き扉専用かんたん在宅ロック No.260

玄関のドアに補助錠を付けたくないなという方には、室内のドアに取り付けるタイプの補助錠がおすすめです。

こちらは、鍵のない内開きの室内のドアに簡単に取り付けることができます。

寝かしつけ中に部屋から脱走したり、いつの間にか一緒にいる部屋から脱走する我が子に困っている場合は、こちらを取り付ければ脱走を防げますので、おすすめです。

窓に付ける補助錠

伊藤製作所 ワンタッチシマリ

窓に取り付けるタイプはこちらがおすすめです。

こちらは警察防犯協会の推薦する商品で、粘着テープで窓に張り付けるだけで、簡単に取り付けることができます。

子供がベランダに出ることを防ぐだけでなく、防犯対策にもなります。

価格も安いので、買いやすいのがいいですね。

子供に玄関の外に閉め出されたらどうする?

我が家のようなマンション住まいで、管理会社に鍵を預けている方は、管理会社の電話番号を普段から控えておきましょう。

電話すればすぐに管理会社の方が来て開けてくれます。

マンション住まいでも管理会社に鍵を預けていない方や戸建てにお住まいの方は、鍵の110番に電話して開けてもらうしかないですね。

ただし、この時にかかった費用は火災保険がきくこともあるので、ご自身が入られている火災保険を確認してみましょう。

まとめ

我が家の娘はまだ鍵を開けることはできませんが、鍵を開けるようになったら、補助錠の購入を検討しようと思います。

特にベランダには出てほしくないので、窓に取り付けることができる、ワンタッチシマリが欲しいなと思っています。

また、ベランダには普段から足場になるものは置かないように徹底したいですね。

子供の安全を守るために注意したいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました